基礎代謝は加齢とともに下がるって本当?

体組成計なら体重と基礎代謝を一緒に測れる

基礎代謝は加齢とともに下がるって本当?

ちょっと太っても20代のうちならダイエットできたのに、30代になったら全然痩せられない!

そんな時は、年齢のせいで基礎代謝が下がっているのかも知れません。

どうして年齢を重ねると基礎代謝が落ち込むのか、どう対処したらいいのかも悩みますよね。

そこで、30代40代向けに基礎代謝と年齢の関係について説明したいと思います。

年齢を重ねるとなぜ基礎代謝が落ちるの?

30代になったら太りやすくなる、これには科学的根拠があったりします。

人間はカロリーを摂取して、それを全身の細胞で燃やしてエネルギーにしていますよね。

実は血管にあるうちはエネルギー分は糖質の形で、体を動かすパワーに変えるのは細胞にある酵素の力なんです。

このカロリーを燃やす酵素の事を、代謝酵素と呼んでいるんですね。

年齢を重ねるとこの代謝酵素が減っていくので、摂取したカロリーが燃えにくくなるんです。

行き場を失ったカロリー=糖質が脂肪になるので、中年になるとぽっちゃり体型になってしまうんですね。

年齢のせいで筋肉量が減るのも基礎代謝が落ちる原因

また、年齢を重ねると筋肉が衰えるのも基礎代謝が落ちる大きな原因です。

筋肉も常にカロリーを燃やす臓器のひとつなので、筋肉量も基礎代謝のカロリー消費量に影響するんですね。

40歳くらいから老化による筋力低下がスタートすると言われており、基礎代謝もどんどん低下していきます。

ただし、仕事や子育てで運動する暇が無いのが30代40代の生活なので、実は30代でも筋力低下には要注意ですよ。

年齢によって基礎代謝が落ちる原因とは、酵素と筋力が減るせいだったんですね。

30代40代になると基礎代謝はどれくらい落ちるのか

でも、どのくらい基礎代謝が落ちるのか、なんとなく太りやすい実感しかないですよね。

同じ身長体重でも、30代になると平均50〜100kcalくらい20代の頃より基礎代謝が落ち込みます。

小さな変化に見えて、これが1ヶ月だと1,500〜3,000kcalもカロリー消費が減る計算です。

人間が1kg体重を増やすのに必要なカロリーは7,000kcalなので、3〜4ヶ月で1kg太る計算ですね。

40代になるとさらに基礎代謝が落ちるので、食生活や運動習慣を改めないと大変な事になります。

体組成計なら体重と基礎代謝を一緒に測れる

体組成計なら体重と基礎代謝を一緒に測れる

目には見えない基礎代謝低下のせいで、知らないうちに太るなんて怖いですよね。

そんな不安から解放されたいなら、普通の体重計から体組成計に変えてみるのもひとつです。

体組成計とは、電気を流す事で体の筋肉や骨の量まで測れるタイプの体重計なんですね。

筋肉量などから基礎代謝も計算できるので、体組成計に乗るだけで自分の基礎代謝がわかるんです。

「あれ、基礎代謝落ちたな」とわかりますし、早めに対策ができて便利ですよ。

年齢のせいで代謝が落ちてしまった時の対処方法

では年齢で代謝が落ちてしまったと感じたら、できるだけ早く対処しましょう。

代謝が下がった時の対処法として1番有効なのが、筋トレを頑張る事です。

ジムに通うのも良いですし、スクワットや壁腕立て伏せをすると効率的に基礎代謝を保つ事ができますよ。

あと、有酸素運動で血のめぐりを良くすると基礎代謝がスムーズに高めることができます。

代謝酵素が働くために必要な栄養素、ビタミンCやビタミンBを摂取する事も大切ですね。

お酒や揚げ物など、ハイカロリーな食べ物や飲み物をセーブする事も太らないための努力です。

どれもコツコツとした努力ですが、3ヶ月くらい続けてみると基礎代謝が変わってきますよ。

加齢で下がる基礎代謝についてのまとめ

加齢による酵素や筋力の低下こそ、基礎代謝を落ち込ませる原因だったんですね。

年齢で基礎代謝が落ちてしまっても、筋トレや有酸素運動、栄養の工夫で乗り切る事ができるんです。

体組成計で常に自分の体を管理しておくのもおすすめの方法なので、ぜひ試してみましょう。

筋力を増やしたり運動をこまめにすると体力もつくので、40代50代を健康に過ごすことにも繋がります。

自分の体とは一生の付き合いになるので、こまめに大切にケアしてあげてくださいね。