基礎代謝をアップするためのおすすめ運動法

基礎代謝を上げるには筋肉量を増やすのも有効

基礎代謝をアップするためのおすすめ運動法

黙っていても燃える、生きるために使うカロリーを基礎代謝といいますが、運動する事でこの基礎代謝が高まる事をご存知ですか?

なぜ運動で基礎代謝が上がるのか、どんな運動法なら基礎代謝が高まるのか、気になりますよね。

そこで、運動と基礎代謝の関係と、基礎代謝が上がる運動方法について紹介したいと思います。

運動で基礎代謝が上がる理由とは?

運動で基礎代謝が上がる1番の理由は、カロリー消費の流れをスムーズにするからです。

人間は食べ物から糖質というエネルギー、つまりカロリーを取り込み、血液に乗せて全身の細胞まで届けます。

届いた細胞でその糖質を燃やし、体を動かしたり内臓や脳を使うエネルギーを得ているんですね。

人間が運動すると筋肉が動き、血のめぐりがよくなります。

つまり、運動する事でエネルギーの配達が順調になり、カロリーがよく燃えるようになるんですね。

中でもカロリーを燃やすのにおすすめなのが、有酸素運動なんです。

有酸素運動でぐんぐんカロリーを燃やそう

有酸素運動とはウォーキングや水泳など、酸素を取り込んでエネルギーを燃やす運動の事です。

カロリーを燃やすには酸素が必要なので、ぐんぐん酸素を取り込む運動が良いんですね。

余分な脂肪も燃えてくれるので、ダイエットには欠かせない運動法です。

毎日30分程度有酸素運動を続けると基礎代謝も良くなり、痩せやすい体にも近づきますよ。

ウォーキングやジョギングも良いですが、ジムに通えるなら格闘技を取り入れた動きのボクササイズも効果的と言われています。

有酸素運動をしっかり3ヶ月続けると、はっきり体に違いが出てきますよ。

基礎代謝を上げるには筋肉量を増やすのも有効

基礎代謝を上げるには筋肉量を増やすのも有効

ただし、有酸素運動だけでは基礎代謝UPはそこそこで終わってしまいます。

基礎代謝のうち2〜3割は筋肉が消費するので、筋肉量を増やす事で基礎代謝がUPするんですね。

有酸素運動でカロリーを燃やして代謝を高めつつ、筋トレで代謝の基礎力を高めるのが理想です。

ではどんな筋力トレーニングをしたら良いのか、お家でできる簡単な筋トレ法を紹介しますね。

筋肉量を手っ取り早く増やすスクワットがおすすめ

筋肉量を手っ取り早く増やすなら、太ももの大きな筋肉を鍛えるスクワットが最適です。

スクワットとは上半身を立てたまま行う、膝の曲げ伸ばし運動の事ですね。

手を首の後ろに組み、足は肩幅に開いて立ち、腰を沈めて戻る運動を繰り返します。

なかなかキツい運動ですが、何回か続けているうちに出来るようになりますよ。

上半身を鍛えるのに手軽な壁腕立て伏せ

上半身や背中、お腹の筋肉も鍛えるなら、手軽なのが壁腕立て伏せです。

肩幅くらいの間隔で壁に手をつき、体をまっすぐに伸ばした状態で壁を押して腕立て伏せします。

床でやる腕立て伏せは負荷がキツかったり、正しいフォームを守るのが難しかったりします。

壁腕立て伏せなら気軽にできますし、体をまっすぐにする事を意識すればフォームも崩れにくいんです。

スクワットも壁腕立て伏せもお家で出来る運動なので、ぜひ筋肉を育てて下さいね。

基礎代謝があがる運動法のまとめ

基礎代謝を上げるには、有酸素運動と筋トレ両方を取り入れるのが大正解だったんですね。

筋肉からは脂肪を燃焼させるホルモンも出ますし、ボディラインも整って一石二鳥以上のメリットですよ。

筋肉は栄養を貯めておく機能もあり、筋肉量が増えるとエクササイズをしても疲れにくくなります。

基礎代謝を上げてダイエットに大きなプラス、有酸素運動も筋トレも両方頑張ってみましょう。