基礎代謝を上げるのに良い食べ物と栄養素

納豆など大豆を発酵させた食品はダイエット向き

基礎代謝を上げるのに良い食べ物と栄養素

黙っていても燃えるカロリー、それが基礎代謝です。

ただし、栄養が偏ると基礎代謝は低下、太りやすくなってしまいます。

そこで、どんな食生活なら基礎代謝を上げて痩せられるのか、基礎代謝UPに良い食べ物を紹介したいと思います。

メラメラ基礎代謝を上げる栄養素とは?

実は、食事から基礎代謝を上げる食物には法則があります。

ビタミン、食物繊維、アミノ酸、腸に良い善玉菌の4つを含んでいる事なんですね。

ビタミンCやビタミンBは補酵素といい、エネルギー、つまりカロリーを燃やすために必要な栄養素です。

またアミノ酸は代謝される時にカロリーがよく燃える、燃焼系栄養素なんですね。

食物繊維と善玉菌は腸内環境を整え、滞っていた腸や内臓の働きを活発にしてくれます。

基礎代謝の多くは内臓の活動に使われているので、内臓が元気になると基礎代謝も良くなるんですね。

エネルギーを燃えやすくする、滞った内臓をケアする、代謝を上げる食べ物には2つの条件があったんです。

じゃあ、具体的にどんな食べ物を食べたらいいのか?次はおすすめの食品を紹介したいと思います。

基礎代謝を高めるには発酵食品がおすすめ

実は、ビタミン、食物繊維、アミノ酸、善玉菌のすべてが入ったスーパー食品を日本人は大昔から食べています。

納豆や甘酒、味噌、漬物など、発酵食品こそ代謝を上げる食べ物だったんですね。

日本ではお米や大豆に麹菌を植え付け、発酵させる事でおいしい食品を作ってきました。

この麹菌は酵素を持っており、お米や大豆のタンパク質や油分を食べ、ビタミンや食物繊維、アミノ酸を生み出してくれるんです。

この麹菌が善玉菌としても活躍するので、お腹の調子が整って内臓が活発に働くようになるんですね。

そんな代謝を上げてくれる、日本の伝統的な発酵食品を紹介したいと思います。

納豆など大豆を発酵させた食品はダイエット向き

納豆など大豆を発酵させた食品はダイエット向き

大豆を発酵させた食品、特に納豆はとってもダイエット向きです。

低カロリーなのに筋肉を作るタンパク質はとっても豊富、大豆はスーパー食材なんですね。

納豆菌はとてもタフな菌なので、超に生きて届いて腸内環境を整えてもくれます。

代謝を良くするだけでなく体調も整うので、1日1食は納豆を食べたいですね。

最強の美容ドリンク甘酒のパワー

納豆と2本柱でおすすめなのが、日本古来の美容ドリンクの甘酒です。

甘酒といっても2種類あるので、酒粕甘酒ではなく米麹甘酒を選びましょう。

酒粕を水で溶いた酒粕甘酒はカロリーが高くアルコールも入っているので、ちょっとダイエット向きではないんですね。

対して米麹甘酒はノンアルコールですし、ビタミンや食物繊維、アミノ酸、善玉菌もパーフェクト配合ですよ。

しかも、すぐエネルギーとして使えるブドウ糖が豊富なので、疲れた時の飲むと体が楽になるんですね。

飲んだ翌日はお通じも肌の調子も違うので、ぜひ米麹甘酒を試してみて下さいね。

生姜やトウガラシも代謝を上げてくれるスパイス

他にも、食事のスパイスとして生姜やトウガラシを使うのもおすすめです。

乾燥生姜はショウガオール、トウガラシにはカプサイシンという体温を上げる成分が入っているからなんですね。

体温を上げるにはエネルギーが必要なので、カロリーを燃やす必要があります。

ショウガやトウガラシの力を借りて、ポカポカ代謝を高めるのもひとつの方法ですよ。

基礎代謝を上げる食べ物まとめ

発酵食品とスパイス、このふたつが滞った基礎代謝を高めてくれるんですね。

毎日の食事や休憩タイムに取り入れて、カロリーが燃えやすい栄養状態を作りましょう。

納豆や甘酒などはスーパーでも手に入りやすいので、ぜひ今日から試してみて下さいね。